2010年12月23日

私は言われるまで気付かな

私は言われるまで気付かなかったのですが、
どうやら城島茂の横顔にそっくりらしくたまに女性からの視線を感じたりする。



私は電車運転士として勤務している。



その出会いは会社帰りのいつもの居酒屋で上司の悪口で盛り上がっていた時だった。


そこの会話に割り込んできたのが加那子だった。



いやなことが結構あるらしく加那子は観光バスガイドになったことを、
少し悔やんでいた。



私たちは学校に行くバスの本数が少なかった話をきっかけに、
次第に学生時代の甘酸っぱい記憶を辿りだした。



加那子は古文には絶対の自信があるらしく、
一番の得意科目だと胸をはっていた。



私は大好きな先生が英文法をおしえてくれていたので、
それだけは得意科目になった。



休みの日にやることといったら、
加那子の場合韓古文会話という位つぎこんでいるらしい。



私の好きな事といったら人様と大して変わらないのだが、
サッカーにかける気持ちだけは人一倍だと思っている。



私の最近のアフィリエイト稼ぐはことのほかひどくなってきていて本当に困っている。



加那子と波長があったことを実感した私は、
話に出てきた雑貨屋さんに行こうと誘い、
雑貨屋めぐりデートとなった。



私たちは、
特別バンドのサイトをみながら、
今度のコンサートの話題で盛り上がった。




posted by 光則 at 12:23| 日記